試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和3年(2021)年01月期1 無線工学の基礎 B-04

一陸技 令和3年(2021)年01月期1 無線工学の基礎 B-04

次の記述は、図1に示す変成器Tを用いたA級トランジスタ(Tr)電力増幅回路の動作について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。ただし、図2は、横軸をコレクタ-エミッタ間電圧VCE〔V〕、縦軸をコレクタ電流IC〔A〕として、交流負荷線XY及びバイアス(動作)点Pを示したものである。また、Tの一次側の巻数及び二次側の巻数をそれぞれ、N1及びN2とする。さらに、入力は正弦波交流電圧で回路は理想的なA級動作とし、静電容量C〔F〕、バイアス回路及びTの損失は無視するものとする。(1)Tの一次側の端子abから負荷側を見た交流負荷抵抗RACC:コレクタは、負荷抵抗をRL〔Ω〕とすると、RAC=ア×RL〔Ω〕である。B:ベースaTc(2)交流負荷線XYの傾きは、イ〔S〕である。E:エミッタN1N2RL(3)(4)点点YXは、は、ウエ〔V〕である。〔A〕である。R:抵抗〔Ω〕V:直流電源電圧〔V〕CRTrbCdV(5)PはXYの中点であるから、負荷抵抗RL〔Ω〕で得られる最大VCEP:Pの電圧〔V〕入B出力電力Pomは、Pom=オ〔W〕である。ICP:Pの電流〔A〕力E図1C(N1)21ACVV2L(N2)2IY

答え:1,7,8,9,5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学の基礎 B-04

  2. 一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学の基礎 B-05

  3. 一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学の基礎 A-15

  4. 一陸技 令和3年(2021)年07月期2 無線工学の基礎 B-04

  5. 一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学の基礎 B-05

  6. 一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学の基礎 A-10

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次