試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

令和2年(2020)年01月期 無線工学の基礎 A-17

令和2年(2020)年01月期 無線工学の基礎 A-17

A-17図に示す回路において自己インダクタンスL〔H〕のコイルMの分布容量COを求めるために、標準信号発振器SGの周波数fを変化させて回路を共振させたとき、表に示す静電容量CSの値が得られた。このときのCO〔pF〕の値として、正しいものを下の番号から選べ。ただし、SGの出力は、コイルTを通してMと疎に結合しているものとする。123161412150300f〔kHz〕Cs〔pF〕57252SGfTLCOMCS41058

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学の基礎 A-19

  2. 平成31年(2019)年01月期 無線工学の基礎 A-19

  3. 平成29年(2017)年07月期 無線工学の基礎 A-19

  4. 平成28年(2016)年07月期 無線工学の基礎 A-17

  5. 平成28年(2016)年01月期 無線工学の基礎 A-17

  6. 平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 A-19

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次