試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学B B-03

一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学B B-03

次の記述は、自由空間伝送損失を求める過程について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。ただし、半波長ダイポールアンテナの放射抵抗を73.13〔Ω〕とし、アンテナの損失はないものとする。(1)相対利得Gt(真数)の送信アンテナに、電力Pt〔W〕を供給すると、最大放射方向の距離d〔m〕の地点Qにおける電界強度Eは、次式で表される。E=ア〔V/m〕・・・・・・①(2)地点Qに実効長he〔m〕のアンテナを置いて受信するとき、アンテナの放射抵抗をR〔Ω〕とすると、アンテナの受信有能電力Prは、次式で表される。Pr=イ〔W〕・・・・・・②(3)式①を式②に代入すれば、次式が得られる。PrPt=ウ・・・・・・③(4)放射抵抗R〔Ω〕のアンテナの実効長heは、相対利得をGr(真数)、波長をλ〔m〕とすると、次式で表される。ℎe=エ・・・・・・④(5)式③へ式④を代入すれば、Prは、次式で表される。Pr≒PtGオtGr〔W〕・・・・・・⑤(6)式⑤のオが、求める自由空間伝送損失である。7√GtPt(Eℎ)249G2λR6.0π2d2r

答え:1,2,3,9,5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学B A-03

  2. 一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学B A-19

  3. 一陸技 令和4年(2022)年01月期1 無線工学B A-05

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次