試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学B A-18

一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学B A-18

次の記述は、アンテナの一般的な測定法について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)半波長ダイポールアンテナの特性を300〔MHz〕で測定するとき、誘導電界の影響を無視できるようにするために、送信用のアンテナから離さなければならない距離は、通常A以上である。(2)パラボラアンテナの特性を比較法によって測定する場合、送信アンテナと受信アンテナ間の許容できる最小距離は、それぞれのアンテナの直径のBに比例し、波長にCする。

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学B A-15

  2. 令和元年(2019)年07月期 無線工学B A-17

  3. 平成30年(2018)年01月期 無線工学B A-17

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次