試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和4年(2022)年01月期1 無線工学B B-04

一陸技 令和4年(2022)年01月期1 無線工学B B-04

次の記述は、図に示すようにアンテナに接続された給電線上の電圧定在波比(VSWR)を測定することにより、アンテナの動作利得を求める過程について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。ただし、アンテナの利得をG(真数)、入力インピーダンスをZ〔Ω〕とする。また、信号源と給電線は整合がとれているものとし、給電線は無損失とする。(1)給電線上の任意の点から信号源側を見たインピーダンスは常にZ0〔Ω〕である。アンテナ側を見たインピーダンスが最大値Zmax〔Ω〕となる点では、アンテナに伝送される電力Ptは、次式で表される。P=ア〔W〕・・・・・・・・・①(2)VSWRをSとすると、Z=イであるから、式①は、S、V及びZで表すと次式となる。P=ウ〔W〕・・・・・・・・・②アンテナと給電線が整合しているときのPtをPとす給電線アンテナれば、式②からPは、次式で表される。ZP=エ〔W〕・・・・・・・・③V~信号源ZZ(3)アンテナと給電線が整合していないために生ずる反射損Mは、式②と③から次式となる。V:信号源の起電力M=P/P=オ・・・・・・④Z:信号源の内部インピーダンス及び(4)アンテナの動作利得Gw(真数)の定義と式④から、Gは次式で与えられる。給電線の特性インピーダンスGしたがって、VSWRを測定することにより、Gを求めることができる。S6

答え:6,7,8,9,10


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学B B-05

  2. 平成28年(2016)年01月期 無線工学B B-05

  3. 平成30年(2018)年01月期 無線工学B B-05

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次