試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学B B-05

一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学B B-05

次の記述は、図に示す電気的特性の等しい二つのマイクロ波アンテナの利得測定の方法について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。ただし、アンテナ間の距離d〔m〕は、波長λ〔m〕に比較して十分大きいものとする。(1)送受信アンテナの偏波面を一致させ、受信電力がアとなるように両アンテナの方向を調整する。そのときの送受信電力をそれぞれPt〔W〕及びP〔W〕とし、送受信アンテナの利得をそれぞれGt(真数)及びGr(真数)とすれば、受信点における電力束密度pは、次式で表される。p=イ〔W/m2〕・・・・・・①送信アンテナ受信アンテナまた、受信アンテナの実効面積Aeは、次式で表される。送信装置P、GG、P受信装置Ae=ウ〔m2〕・・・・・・②マイクロ波ボロメータしたがって、Pは式①と②から、次式で表される。発振器減衰器マウントP=Aep=エ〔W〕・・・・・③(2)利得Gt及びGrは等しくなり、これを送受信アンテナの電気的特性が等しいことから、G(真数)出力計接切換部続d接切換部続出力計と置くと、式③から、次式が得られる。G=G=G=オ

答え:5,6,8,2,9


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B B-01

  2. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-11

  3. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-05

  4. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-03

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次