試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成31年(2019)年01月期 無線工学B A-03

平成31年(2019)年01月期 無線工学B A-03

A-3次の記述は、アンテナの利得と指向性及び受信電力について述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。1受信アンテナの利得や指向性は、可逆の定理により、送信アンテナとして用いた場合と同じである。2自由空間中で送信アンテナに受信アンテナを対向させて電波を受信するときの受信電力は、フリスの伝達公式により求めることができる。3微小ダイポールの絶対利得は、等方性アンテナの約1.76倍であり、約1.5〔dB〕である。4半波長ダイポールアンテナの絶対利得は、等方性アンテナの約1.64倍であり、約2.15〔dB〕である。5一般に同じアンテナを複数個並べたアンテナの指向性は、アンテナ単体の指向性に配列指向係数を掛けたものに等しい。

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成29年(2017)年01月期 無線工学B A-03

  2. 平成27年(2015)年07月期 無線工学B A-02

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次